うつに片足突っ込んでた人の日記

特に今やっているものを中心に紹介したりしてます(´ω`)
TOS(ツリーオブセイヴァー)とか趣味とか。


過去のうつ病に関しての記事は勿論残しています。
風化させず、忘れないように…(^O^;)

2015年8月21日 燻る焦り

妻の里帰りも一段落し、皆戻ってきました(´・ω・`)
休むことには慣れ、仕事の事は一切考えなくなった。



一か月も休むなんて事は人生初めてだった。
からなのか、自問自答が始まる。



「このままの生活を続けるつもりか?」
「復帰したとして、やっていけるのか?」
「給料は?生活費は?」
「甘えてる、たるんでるんじゃないか?」

「これからどうするつもりだ?どうしたいんだ?」



3度目の来院した日、先生に自問自答について相談してみた。



先生「まだ休み始めて幾らも日数経ってないから、焦らなくて良いんですよ。」
私「早く、早く復帰しないと、自身が駄目になりそうで…!」


先生「早く復帰する必要は無いんです。休みが必要だから、診断書が出てるんですよ?」
私「怠けてみたいで、嫌なことから逃げて、そんな自分が嫌なんです…。」

先生「今の状態では、また同じことを繰り返してしまいますよ。」
私「どうしたらいいんですか…。ただ休んでいるだけでは…。」


先生「ゆっくり心を整理していきましょう。ただ無心で毎日を過ごすのは、復帰時に辛いですから。」
私「整理…、あまり思い出したくないのですが。」

先生「過去は変えられませんからね。切り替えができる心を持つ、これが重要です。」

私「まだ良く解りません。」


先生「ぶっちゃけ、図太くなって欲しいんですよ。あっそ、くらいで良いと思います。」
私「確かに支離滅裂なことを、ずっと言われてました。」


先生「俺には関係ねーよ、とか、ふ~ん。くらいで区切ってしまいましょう。」
私「そんな感じで良いんでしょうか。」


先生「切り替える心っていうのは、要は考え様なんですよ。軽く捉えましょう。」
私「…解りました。切り替え、ですね。」


先生「来た頃より、顔色良くなってますからね。不安がらないで過ごして下さい。」
私「はい、ありがとうございました。」



後半、先生が笑顔で楽しそうに話してたので、
診察が終わる頃にはだいぶ心がリラックスしていました(^ω^;)


気持ちの整理が始まりました。
復帰に向けて、「考えの改め」を練習します。




薬の量は増えました(・ω。;)
スルピリド
ロラゼパム
レクサプロ
ゾルピデム

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。