うつに片足突っ込んでた人の日記

特に今やっているものを中心に紹介したりしてます(´ω`)
TOS(ツリーオブセイヴァー)とか趣味とか。


過去のうつ病に関しての記事は勿論残しています。
風化させず、忘れないように…(^O^;)

2015年4~6月 まずは経緯

書き方に取り決めはないので、主に日記形式で行きます(´・ω・`)


うつの疑いで病院にかかったのは、2015年7月4日です。
順を追って経緯を。




2015年、4月


少し、苦手な方が同じ課に配属された。
あまり関わるような仕事も無いので、心配はしていなかった…。



今年の4月は地元の選挙に駆り出される(3週間)
普段とは出勤も、飯の取り方も、だいぶ振り回されました。


とはいえ、会社行事の一環なので元気に遂行。
普段は缶詰状態で仕事してるので、別な世界に居る感覚を味わえた。


そのままGWに直行。
ある意味、地獄への入り口がここで出来上がったと思う。



2015年、5月


GW明け、仕事場に違和感を感じた。
3週間というのは長く、私の仕事を色んな人が請け負ってくれていた。
謝罪や感謝を、課全員に勿論した。


この違和感は拭えませんでした。
主に態度からで、高圧的・敵意に近いものを感じ取れる。
これは7月まで続く(後に詳しく)。


さらに、後輩との仕事の入れ替えが開始。
正直穴だらけでまともにこなせない。




同月、社内の評価面談(前年度の評価)を受ける。
自己評価とは裏腹に、高い評価を得る。(5段階評価、普通は2)


この場合の4を、課長から与えられた。


「期待に応えられるよう、頑張ります。」
本心からそう思っていた。これも後に重荷となる。




2016年、6月


勤務10年表彰を受ける、と同時に祖父が亡くなった。
祖母が脳梗塞で施設に入った。


親兄弟の子ども(いとこ)の人生が次々と暗転していく。
まさに家系が崩壊していく。


「ウチの家族はそうならないようにしないとな」
決して身を引き締めるため出た言葉ではなく、完全なる驕り・昂りだった。




これが問題の7月に入る前に起きた、主な事象です。
祖父の葬式が終わって、祖母の施設が決まった辺りで、
私の日常は狂っていきます。


急転直下、なんて相応しい言葉なのか…。



次回は、思い出すだけでも心が抉られますが、
事実を書いていきます(´・ω・`)








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。