うつに片足突っ込んでた人の日記

特に今やっているものを中心に紹介したりしてます(´ω`)
TOS(ツリーオブセイヴァー)とか趣味とか。


過去のうつ病に関しての記事は勿論残しています。
風化させず、忘れないように…(^O^;)

2017/11/15 久しぶりに本を読んだよ②

こんばんは(´ω`)
久しぶりに書くなーと、自分でも思います💦
今回も読んだ本を紹介します(^ω^)



国家の品格
著:藤原正彦(数学者)

まぁまぁ小難しそうな題名ではありますが…(´ω`;)


中身はなかなか面白く書かれています。
自虐や皮肉がそこかしこに散りばめられています。



中でもグローバルに焦点を向けた章は面白かったです。


著者
「童話や本、または歴史や信仰で感性教養を学ばずに、
それこそ母国語以外で何が話せるというのか。」



ここでいう感性は、武士道であり「もののあわれ」を指します。
特に良い感じに的を射ている例えがこちら(^ω^)白虎隊!!


什の掟 -じゅうのおきて-
一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ

ならぬことはならぬのです


ここに書いてあることは要約すると


・長幼の序を守りなさい
・卑怯を恥じるべし
・(厳格に)モラルを持て


やっちゃダメな事はダメ!
そこに議論の余地はない!!



無茶苦茶かと思うとそうでもない、結構当たり前な事しか書いていない。
今の時代にはだいぶ欠けていますね…(´・ω・`)
法律を持ちだしたり、どうにかこうにか正当化しようと、大変女々しいです。




では元に戻って
武士道とは卑怯を憎み、惻隠(哀れみ、悼み、同情)の情を持つ事。
もののあわれとは、過去現在の成り行きに思いを馳せる事。(盛者必衰)



教養とは歴史や信仰、または格言等にも散見します。
四字熟語も諺も、ユーモア溢れる教養の一つ。
覚えやすい例をいくつか紹介します(´ω`)


暗愚魯鈍(あんぐろどん)
疎く、何の役にも立たない様。


舟頭多ければ舟山登る(せんどうおおければふねやまのぼる)
指示する人が多いと、かえって物事が上手くいかない。


人間五十年 下天の内を比ぶれば 夢幻の如くなり
「敦盛」の詞ですね。長い歴史の中で人生なんて一瞬に過ぎない。


と、確かに感性教養も無くして、
教科書だけで得た知識で国際人は無いなぁ。


と、まぁ200ページの中での一部抜粋でした(´ω`)-3



かなり大多数の方に共感できる部分があると思います(´・ω・`)
ぜひ読まれてみては…!


中古本で300円程度ですし(^ω^;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。